アロマケアとは

アロマタッチ

 

アロマタッチは、ドテラ社の創設者の一人でもあるドクター・ヒル氏が医師として受けたトレーニングや患者およびパーソナルケアにエッセンシャルオイルを使用した経験、またエッセンシャルオイルに関する科学的知識を基に開発されました。

こんなお悩みの方に最適です

アロマタッチは「なんとなくだるい」「やる気がでない」「疲れがとれない」といった全体的な不調に対してのケアが得意です。

全身に悪影響を与える4要因
①ストレス
②毒物によるダメージ
③炎症反応
④自律神経失調
アロマタッチはこれら不調要因の改善を手助けするために開発されました。
体験者の個人的感想では、
背中が軽くなった。楽になった。スッキリした。身体が温かくなった。
とおっしゃられる方が多いです。

使用するオイルは、100%純粋な天然で高い基準の品質管理がされており、農薬やそのほかの化学残留物がいっさい含まないものを使います。
また手技もそっと手や指で体にふれる、なでるといったストロークを基本とし、身体への負担が少なく、組織を傷めるようなことはありません。

心地よい香りは、気分や幸福感をもたらします。
肌に塗られたオイルの有効成分が皮膚を通して吸収され、血管やリンパ管から全身へと広がります。

新潟県内でもまだまだ導入している店舗が少ない施術テクニックです。ご興味のある方は是非お問い合わせください。

 

使用するオイルは、①ストレスマネジメント・②免疫サポート・③炎症反応・④恒常性の維持に、それぞれ各2本計8本(シングル4本・ブレンド4本、計23種類のオイルを使用)を順番に使用します。

手技は、背部(臀部から頭頂部)にオイルを塗布して背部全体に広げていき、最後に両足裏のケアで終わりになります。

アロマタッチの流れについて

  • 問診・カウンセリング

    現在の症状、施術に対してのご希望などをお伺いします。

  • 施術(全身ケアの場合)

    ①オイルを仙骨底(最上部)から頭蓋底へ、脊椎に沿って数滴垂らし、脊椎の長さいっぱいに、ムラなくのばします。
    ②次に脊椎からわき腹へと手のひらを交互にスライドさせ、頭蓋底まで行います。
    ③その後、両手のひらを脊椎両側の仙骨底から頭頂部までスライドさせます。(順次外側に移しながら)
    ④更に、2本目では耳たぶ、4・6本目では脊椎の両側にある筋肉組織への手技が加わります。
    ⑤最後に両足裏のケアで終わりになります。

  • 施術(ハンドケアの場合)

    手のひらには体のツボが集中しており、親指で押したりすると反映する器官が活性化され体が楽になります。
    私は、アロマタッチで使用した8本の内2本を使い、うち一本はラベンダー・オレンジ・ペパーミントオイルの中で好きな香りを選んで頂き、両手指先から前腕中程まで塗布していきます。
    ① 手のひらにオイルを数滴垂らし、手のひら・指先・手の甲から前腕中程にかけて広く伸ばしていきます。
    ② 手のひら全体を親指で軽く押していきます。
    ③ 手のひら上部から指先にかけて、親指でさすってきます。

よくあるお問い合わせ(FAQ)